ネイルの仕事をしたいならネイルスクールで技術を学ぼう

男性女性

化粧師になる道

女性

お化粧を施したり、サポートするメイクアップアーティスト。メイクが好きで、誰かにメイクをしてあげるのも好き、誰かを自分の手で魅力的にしたいと思っている方に向いている職業です。しかしその進路や成り方は意外と決まっていないのです。実はメイクアップアーティストになるのに資格は特に必要はありません。技術も自分で学んで身につけて就職している人も多いのです。しかし、フリーで何もなしから始められると言えば聞こえは良いですが、それはかなり険しい道です。コネもなければ、知識を学んでもいない、資格もないとなると実力を証明するのが難しいからです。夢半ばで就職難から別の仕事に就いてしまった人も多くいます。そうならないためには、まず実力を証明できる物が必要です。現在では国内外活躍ができるように証明として利用できるメイクアップ検定ができており、これに合格することで資格として実力を証明することができます。メイクアップアーティストになるのに資格は不要ですが、専門学校などでメイクアップ検定での資格を取得しておけば国内外どこでも実力を証明でき、働く際に有利になるのです。メイクアップアーティストとして大成するにはこうした、どこの誰にでも通用する資格を持っていることが重要です。自分から売り込みをかける際にも、資格や経歴で「的確なメイクの知識、技術がある」と証明できれば「技術がある、実力がある」と口先だけで売り込むよりも確実です。